スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光男体山(標高2486m)に登る

6月8日(金)に日光の男体山の登山に行ってまいりました。
4時30分に起きて、5時前には水戸を出発。
いろは坂で野猿と遭遇しながら、7時ジャストに日光二荒山神社中宮祠に到着。
二荒山とは男体山のことで、詳しくは、、、知りません!
標高2486mということで、かなりの険しさなのです。

さて、準備もそこそこに、神社で登山の受付を行う。
神聖な山なので、お布施として500円払い、お守りをもらえる仕組み。
受付の人に
「普通は登り3時間30分、下り2時間30分、合計6時間掛かります」
と言われ、登山というよりリポビタンDのCMっぽいトレイルランニングをしたかったので、
目標は半分の登り1時間45分、下り1時間15分とする。

神社の鳥居を通過しトレイル開始!
DSCN0824.jpg
ファイトー!いっぱ~つ!!!
最初の長い階段を駆け上り、、、乳酸が溜まって動けなくなる。
頂上まで1200mほど登らねばならないので、
このペースでは体力がもたないのは明白。
普通の登山の5割増くらいのペースで登り、5合目に到着。
DSCN0830.jpg

昔は修行僧の修行場だっただけあってここからは急勾配の岩場だらけ。
走れるような場所はほとんどなく、全身を使ってよじ登る感じ。
6合目が見つからず、順調に7合目、8合目を通過。
DSCN0833.jpg

DSCN0834.jpg

8合目を通過すると残雪がちらほら。
この標高の気温は10℃前後だろうか。
DSCN0835.jpg

登山開始から1時間45分、目標通り山頂に到着!
雲に乗った神様が出迎えてくれる。
DSCN0836.jpg

山頂の2486m地点。
DSCN0839.jpg

眼下にはスタート地点の中禅寺湖が開けている。
DSCN0841.jpg

おにぎりを食べ、下りの体力を整え、下山。

途中ですれ違う登山客と話をしながら下山したけど、みんな清々しい人達ばかりだった。
本当に気持ちの良い一日だった\(^o^)/
スポンサーサイト

富士五湖制覇!

週末を利用して、河口湖畔の温泉宿に行ってきた。

まずは最も気になる富士山に登る。
登ると言っても車での話。
登り始めて20分くらいだろうか、やっと5合目に到達。
そこまでの間、紅葉を楽しみ、気分も高揚していたが(オッサンギャグ?)
5合目は「中国かっ!」というほど、どこもかしこも中国人だらけで幻滅。
日本の文化が・・・・・。
富士5合目

気を取り直し、河口湖に向かい、湖畔の「カチカチ山」に登る。
ここは歌に出てくる場所。
♪カチカチ山のたぬきさん
♪おっぱい揉んで、タッチして
♪抱っこして、チュッチュして
♪また明日
という曲である(嘘)
カチカチ山

ここからは一気に富士五湖へ!!!

宿泊先から撮った「河口湖」
河口湖

一番綺麗だと思った「精進湖」
精進湖

あの上九一色村がある「本栖湖」
本栖湖

PSYCHOな気分になる「西湖」
西湖

学生時代の合宿地「山中湖」
山中湖

最後に「富士サファリパーク」に行ってきた。
真昼間の動物は くたぁ~ って感じっす。
富士サファリパーク

ディズニーワールド@フロリダ

しばらく会社を休んで、アメリカ、フロリダ州のディズニーワールドに行ってきた。

相変わらず海外旅行にはツキがなく、成田発の飛行機が悪天候でキャンセルに。
バタバタしながらも何とか同じ航空会社の飛行機で行けることになったが、
今度は飛行機に乗ってから席がダブルブッキング。
予定より2時間ほど遅れてオーランドに到着。
もう真夜中っす。。。

3時間ほど仮眠して、いよいよデブリーワールド、、、ディズニーワールドへ!

詳細は行ってのお楽しみ♪

とにかくFAT、FATFAT!!!
成人男性の平均体重は120kgほどだろうか。いやもっとかも。
女性でも100kgはあろうかという太り具合。
単なる「太っている」ではなく「太りすぎ」が国民の30%以上の国、、、さすがである。
こんな可愛い女性がたくさんいた。
ディズニーワールド

さて、時差ぼけではあるが、明日からまた仕事だ。
Hey,Boss! I'm so sleepy!!!

伊豆シャボテン公園のプレーリードッグ

先日、伊豆にあるシャボテン公園に行ってきました。
そこのプレーリードッグの動きがマジで可愛かった(^_^)

鼻の頭に泥をつけながら一生懸命地面をつんつんしているのです。
つんつんですよ~~~~!!!

謎のメキシカンなBGMも最高なのです\(^o^)/

宇都宮餃子&初カプセルホテル&財布紛失

週末はまたまたハンターマウンテンにスキーに行ってきた。

ところが!!!
下記参照なのです。

スキーをする前の日に宇都宮で餃子を食べつつ一泊した。

宇都宮餃子は元祖B級グルメだけあって、そこら中にお店がある。
現地の知人に案内してもらい130種類の餃子が自慢の店に入る。
チョコレート餃子なるものがあったが、ゲテモノは食べず普通っぽい餃子を食す。

まぁ、普通かな。

単刀直入な感想はどこで食べても餃子は餃子なのである。
「餃子の王将」が全国展開しているのもうなずける。

ホテルは人生初のカプセルホテル
まずは決して清潔でないフロントで受付。
部屋と呼ばれる場所は、ハチの巣みたいに並んだ空洞に入り込むシステム。
正座もできない高さで非常に窮屈だ。
ドアはなく、ブラインドのようなもので仕切られ、鍵はない。
そういえばフロントで受付をした時に鍵をもらわなかった。
壁は仕切りの機能のみで音は筒抜けでそこら中からイビキが聞こえる。
唯一の設備、小さなテレビがあるが、近所迷惑なので音声は出せず、
音声を想像しながらニュース番組を見る(笑)
そして、小汚いがお風呂があったので、入浴して就寝(-_-)zzz

翌朝、起きると何かがないことに気付く。
財布がない!!!
失くした?盗まれた?
もうどっちでもいいから、見つかってくれ~~~~。

傷心状態でスキー@ハンターマウンテン(*_*)

後日、宇都宮から50km離れた、足を踏み入れたことのない土地で財布が発見された。
紙幣はすべて抜かれていたが、カード類は無事だったので被害は最小限で収まった。
被害額は100万円くらいかな?(笑)

記憶に残る週末だった。

登山@筑波山

念願の筑波山に登ってきた。
なんで念願かというと、この1年半で3回登山を試みるものの、
いずれも大雨で断念していたからなのである。

東京から車で約1時間、意外と近いのにビックリ。
電車でもつくばエクスプレス⇒シャトルバスで90分くらいで来れるのだ。
こやつが今回の標的、筑波山。
筑波山1

登山道近くの市営駐車場(1日500円)に車を停め、いざ出陣!
山道入口にある筑波山神社から登山を始める。
普通の山道と思いきや、100mほど進むと雪道になった。
週末に降った雪がまだ積もっているのだ。
トレイルシューズを履いてはいるものの、ツルツルだ。
筑波山2

ゆっくり御幸ヶ原コースを登ること約70分、御幸ヶ原に到着。
すっかりスキー場のような積雪。。。
さて、ここで男を取るか、女を取るかの選択肢にぶち当たる。
う~~~ん、、、、、、珍しくまずは男からいただきます。
筑波山3

御幸ヶ原から10分、男体山の山頂・標高871mに到着!
筑波山4

すかさず御幸ヶ原に戻り、女体山に=33
15分で山頂・標高877mに到着!
ここが本当の筑波山の山頂で、女体山=筑波山なのかな。
筑波山5

山頂から南方の遥か彼方に建設中のスカイツリーが!
筑波山6

富士山もくっきり!
筑波山7

北を向けばナイス眺望だぜ!
筑波山8

再び御幸ヶ原に戻り、茶屋で名物「つくばうどん」で暖まる(^u^)
下りは雪で危ないと判断し、ケーブルカーを利用し、あっという間に下山。
筑波山9

筑波山を登って思ったこと・・・・・。

茨城県ってまっ平らじゃぁーーー!!!

ski@ハンタマ

昨年に引き続きスキーに行ってきた。
場所は栃木県のハンターマウンテン(通称ハンタマ)

昨年は約10年ぶりのスキーとあってギクシャクした滑りだったけど、
今回は体が覚えていて、体幹をど真ん中に置いた滑りができた。

板の短いスキーボード(ファンスキー)だったので、回転技にチャレンジ!
難易度Dだけあってすぐマスター(^_^)v
360度ターンを繰り返す、繰り返す・・・・・目が回り4回転が限界。。。

これでメゲル訳にはいかん!
更にチャレンジするのだ!!!

ということで、来週に控えた新宿シティマラソンをスッカリ忘れスキーに楽しんだのであった。
こ、この全身筋肉痛はどうしよう。。。
SKI

帰り際に立ち寄った冬の「袋田の滝」
寒さで凍ってます。
袋田の滝

AB蔵の事件現場

西麻布の、あのAB蔵の事件現場に行ってまいりました。
西麻布の交差点から100mも離れていない大通り沿いにあった。
この辺は昔から芸能人や著名人が出没するスポット。
また深夜でも普通にお店が営業している稀な場所でもある。

この私も大学の卒業式が終わった後に、ここ西麻布で深夜に狂喜乱舞した記憶がある。
『若い』っていうのは怖い物がなかったんだろうなぁ~。

って、海老蔵は若くないって!!!


お店の看板。どの店なんだろう?
AB蔵1

1階の入口。
AB蔵2

ここが有名になった裏階段。すでに血はなかった模様。
AB蔵3

野球三昧な一日

今日は朝から野球観戦三昧。
正確には起きたのが10時なのでお昼から。

まずは前日に偶然チケットを仕入れた欽ちゃんのチーム、
茨城ゴールデンゴールズの最終試合を観戦。
これで欽ちゃんは野球からサヨナラなのです。
欽ちゃん1

アマチュア野球の観戦は初めてなので、ガラガラなのかと思いきや満員。
水戸郊外の小さな球場だけどね^^
欽ちゃん2

試合開始前から欽ちゃんのMCが始まる。
これがなかなか面白い!!!
さすが一流芸能人、「間」がちょうどいい。
欽ちゃん3

試合が始まってもMCは止まらない。
まるでTVの副音声みたいにしゃべくりまくっている。
欽ちゃん4

はい、茨城GGの試合はここまで!
次は携帯のワンセグで同時観戦していた六大学野球だ!
早慶戦だ!
すかさず家に帰り、TVで早慶戦を観戦。
早稲田のワンサイドゲームを終盤慶應が死に物狂いで追い込んでいる。
しかし、ドラフト1位を3名輩出した早稲田が地力に勝り優勝。
あぁぁぁ。。。2季連続優勝は難しいなぁ。

次は日本シリーズ、中日vsロッテ。
同じ関東のロッテを応援。
プロのレベルは違うぜ!
延長の末、試合終了は23時。

同じ野球だけど、見どころはまったく異なる試合であった。
しかしいずれもシーズン最終戦。
これでスポーツの秋が終わりますなぁ。

奥多摩を散策

この週末は奥多摩にハイキングに行ってきた。

朝早く起きて、南武線⇒青梅線と乗り継ぎ、約2時間かけて鳩ノ巣駅に到着。
ここから目的地の御岳山まで大楢峠を経由して駆け上がるのだ=33
奥多摩1

駅から歩いて10分ほどで林道に出る。
そこで分かれ道。
詳しい地図を持っていなかったのでどちらにしようか悩んでいると、
どこかの大会社の社長だったと思われる気品のある老夫婦に助けられ、
正しい道に導かれる。

予想と反して結構フラットな道が続く。
秋の林道は涼しくて、また枯葉のニオイが心地良い。
途中で何ヶ所か険しい坂道があったが、2時間掛けて無事御岳山の山頂に到着。
山頂には神社があった。
奥多摩4

山頂付近はすでに紅葉が始まっている。
奥多摩2

帰り道はサボってケーブルカーで一気に下界へ。。。
その改札ではsuicaが使えて、何だか都会気分。
奥多摩3

山道の散策は地面を良く見ていないと崖から落ちてしまうこともある。
注意して足元を見ながら歩くので、気付くと目的地に着いてしまう感じ。
その感覚が実に素晴らしい!!!
週末にごろ寝したり、買い物に行ったりするのもいいけど、
こうして集中すること!が一番の気分転換なのかも知れない。

袋田の滝

観光とトレイルの練習を兼ねて袋田の滝に行ってきた。
水戸から約50km、車で1時間(田舎道なので信号がないから早い!)。
水郡線というローカル列車があるのだが1時間に1本しかないのです。

奥久慈と呼ばれる茨城県の北西に袋田の滝がある。
奥久慈は軍鶏(シャモ)で有名なところ。
こんにゃくも有名だ。
奥久慈

さらに奥に進むと袋田の滝がある。
お金をけちる訳ではないが、トレイルの練習ということもあり、
滝からは1kmほど離れた無料の町営駐車場に車を停め、走っていく。
シューズは先日購入のアディダスXT。
xt

入場料300円を払い観瀑台へ。
これが袋田の滝。
日本の滝百選に選ばれていて、1位にもなったことがあるらしい。
袋田の滝1

前日の激しい雨上りで滝の水量が半端ない!!!
動画でUP!


滝つぼから30m下ると、こんな庭園みたいな風景がある。
これはまさに僕好みの風景!!! 美しい。。。
袋田の滝2

そしてここからはトレイルの練習。
月居山の山頂に向けひた走る。
とは言っても半端ない登り階段の連続、走るというより早歩きだな。。。
滝同様に汗が滝のように滴る。
袋田の滝から300mほど登り山頂に到着。
ここで突然雨が激しく降ってきたので、ゆっくり寛ぐ予定を変え、早々に下山。

途中のお店で「鮎の塩焼き」を食す。
マジで旨いっす!!!
走って大汗をかいた時は、が良いらしい。
鮎に付着しているが何とも言えず体にしみ込む。
今度のトレイルは塩っぽいものを持参しよう。
袋田の滝3

マイナスイオン三昧で精神がリセットされた。
また機会があったらチャレンジしよう。

渓谷

この3連休に奥多摩の雄大な渓谷に行こうと準備を進めていたが、
なぜか行った先は東京のど真ん中の「等々力渓谷」。

普通に都会の電車に乗り、あっという間に等々力駅に。
等々力駅から徒歩3分、等々力渓谷に到着。

大きな地図で見る

等々力渓谷1

等々力渓谷2

世田谷の各地で湧き出た湧水が集まり、谷沢川となり、等々力渓谷の中心を流れる。
その後、多摩川に合流する。

東京にも自然があるんだなぁ~!

と感動していたのもつかの間、
歩き始めて10分もたたずに普通の都会の住宅街になってしまった。


水戸なら普通にある景色のような気が・・・・・。

都会の数少ない自然は貴重。
田舎の数少ない都市は貴重。

どちらもバランスが重要だ。

牛久の巨大大仏

仕事で茨城県の牛久市という街を車で走っていた。
すると巨大な大仏を発見!!!

・・・・・というか実は大仏を目指して走っていたかも(笑)

近づくと、鉄塔よりも遥かに高い大仏であることが分かる。
牛久大仏1

単なるモニュメントかと思っていたが、そこは墓地のド真ん中。
失礼ながら墓地を抜け大仏の間近へ。

牛久大仏2
でっけーーーーーー!!!
これが第一印象。
ガンダムよりデカい!
全然デカい!
全高120mということでつい最近まで世界一の大仏様だったそうな。

前々から気にはなっていたけど、これは一見の価値あり!
茨城県に来た際には是非ご覧あれ。

大洗

梅雨が明け、ピーカンの天気だったので、昼から大洗に行ってみた。
水戸から車で約20分、大洗というこちらでは超有名な海水浴場がある。
一応書いておくが、目的は海を見るためで、決して水着を見に行った訳ではない。

真っ白な雲と透き通った空、青い海、、、最高じゃないですか!!!
大洗1

こんな景色の中を怪しまれないようにサングラスをかけて軽くランニングした。
すると、「めんたいパーク」なるものを発見。
大洗3

「かねふく」という明太子を生産している会社の工場らしい。
大洗2

中の工場を見学できるということなので、ランニングで汗だくの格好で見学。
その前に記念写真を・・・。
大洗4

中に入ってビックリ!
今日の生産量は2000kg!!!
2000kgといえば2t、、、そんなにスケソウダラの卵ってあるのかいな!!!!
大洗5

一生懸命、2000kgの生産目標に向け、明太子を作っています。
大洗6

試食コーナーがあったので明太子を食して、再び海岸線をランニング。
今日は非常に暑かったのでこのまま海に飛び込みたい気分だ。
楽しそうにはしゃぐ水着ギャルを横目に一生懸命走った。

帰り際に大洗リゾートアウトレットの中にある「Coke Store」で水分、もちろんコーラを補給。
爽やかな日中だ!

※目的は海を見るためで、決して水着を見に行った訳ではない。

塩原温泉で静養

久し振りに会社を休んで栃木県の塩原温泉で静養した。
塩原温泉1

水戸からは宇都宮経由で車で1時間30分ほど。
東北道・西那須野塩原ICを降りて湯の香ラインを登っていく。
途中で道の駅があったのでしばし休憩。
巨大なウルトラマンが立っていたが何故かトイレに行きたそうな雰囲気・・・・・(笑)
塩原温泉2

さらに進むと日本一の長さという「もみじ大吊橋」が現れた。
渡った先には何もないらしく、しかも有料ということもあり誰も渡っていない。。。
バブルの名残か?(^_^;)
塩原温泉3

この湯の香ラインは滝の名所らしくそこら中に滝が見られる。
塩原温泉6

塩原温泉に着き、温泉に浸かってフルマラソンの疲れや、日々の激務?を癒す。
宿泊した旅館は小さな宿ではあったけど、心のこもった応接をしてくれてかなり満足!
温泉自体もかけ流しでまさに温泉温泉した感じで100点満点!!!

そして何よりも良かったのが、雪が見れたこと!
今回は雪見温泉を期待して行ったのだが、着いた当初は快晴で雪は道端にちらりと見えただけ。
ところが夜になると雪が降り始め、期待通りの雪見温泉♪♪♪
日本酒を飲みながら露天風呂で良い気持ち!

ところが一夜明け、、、、、雪、、、、、降り過ぎです。。。
車が雪に埋まってます。
チェーンを付けるのに30分以上かかってしまった。
塩原温泉4

ちょっと歩いただけで体が雪まみれ。
塩原温泉5

まぁこれも期待通りだけどね(笑)

よし!
1週間ランニングから遠ざかってしまったが、気分一新明日からまた走り始めよう=33

あ、、、仕事も、、、気分一新だね(^_^)v

物価の違い

郵便BOXに地元水戸の新築マンションのチラシが入っていた。
それがちょうど横浜に住んでいた物件とほぼ同条件の物件。
しかしだ・・・・・

販売価格が半値!!

土地代はもちろん半値、いやそれ以上に安いのは分かる。
建設に携わった人の工賃は7割くらいかな。
資機材費は搬入代や仮設現場が安いので8割くらいかな。
一番掛っているのは販売費かな。

今と同じ賃金水準なら水戸に住めば軽~く外車を乗り回せるぞ!
念願のオープンカーをGETか!?
ただし定年まで住んだらのことだけどね(^_^;)

再び都会に戻る気満々なので今は静かに貯金に回すのだ。
お腹にね!(笑)

ていうか、水戸駅前の高層マンション(14階建て)はいつ完売するのだろうか!?
販売価格3000万円前後で半分以上売れ残っているように見えるのだが・・・・・。
都会ならすぐ飛びつく値段&条件なのにねぇ~。
水戸の経済事情の下でマンション販売は大変だろうが頑張ってくれ!

うなぎの山中

すっかり更新を忘れていた記事です。

真夏のお盆の時期に行きました。
霞ヶ浦の広大なハス畑のど真ん中にその店はあります。
『うなぎの山中』
どんだけ広大なハス畑かと言うと、地平線までハス畑が広がっている感じ。
日本でこんなにハスの需要があるのか? と危惧してしまうほどなのです。
そして霞ヶ浦はウナギの養殖でも有名な訳なので、食してみました。

霞ヶ浦の淵のあぜ道を延々と車を走らせるとポツンと古風な民家が出現。
うなぎ山中

いわゆるオープンテラスなのです。
ついついビールをクイッっと飲みたくなる雰囲気だ!
うなぎ山中1

軒先にはウナギ釣りグッズが。
現役で使われているかは不明だけど、そんなに古そうでもないので現役ということで。
うなぎ山中2

そして待望のウナギちゃん登場!!!
ぷっくらした身がたまらんばい!
うなぎ山中3

田舎には田舎ならではの時間が流れている。
ここの店で働いているオバちゃんはそんなゆっくりした時間を楽しんでいるように見えた。

人生いろいろだなぁー
っとセンチな気分になってしまった夏の思い出でした。


ところで肥溜ってまだあるんかいな?

古都・京都に行く

8月30日から9月1日まで2泊3日の京都旅行に行ってきました!

京都は中学生の修学旅行で行って以来の旅行である。
「懐かしーーーー」っと思うはずだが駅はその当時の面影もなく、
最新式の駅に様変わりしていた。
泊まったホテルは駅直結のグランヴィア京都。
ここなら重い荷物や道に迷う心配がないので安心である。

まずは祇園を見に行く。
鴨川のほとりは『床』と呼ばれるオープンテラスがぎっしり。
川岸にあるここは気温が5度ほど低いとの話も。
そして軽く芸者遊びをして(実際はやってない)初日は終了。
京都1

2日目は嵐山へ。
古き良きお寺や庭園を見物し、時間が余ったので東映太秦映画村を見物。
夜は伏見地区の黄桜カッパカントリーで夕食。
ここはカッパのCMで有名な黄桜酒造直営のお店。
いろんなお酒を利き酒できる超穴場。
て言いますか、あっという間にヘベレケ~(^_^;)
京都5

京都6

3日目は有名どころを攻める。
金閣寺、銀閣寺、清水寺。
金閣寺はビューティフルです。
京都2

清水寺は飛び降りたくなる衝動に駆られるーーー!
でも着地に失敗すると大変なので止めといた。
京都3

清水寺から祇園に向かう小道『二年坂』を歩くと時間が止まります。
京都4

もっといろんなところに行ったけど、全部書くと広辞苑より分厚くなりそうなのでこの辺で。

日頃からランニングをしているものの、さすがに歩き疲れた。。。
満身創痍で東京に帰るのであった。

というか、そこからさらに水戸に小旅行みたいな・・・!(笑)

納豆工場見学

折角茨城県にいるのだから、
その特産品である納豆を研究しようと工場見学に行ってきた。
水戸から車で20kmくらいの小美玉市というところにある納豆大手のタカノフーズ本社工場
この会社はスーパーでよく見かける『おかめ納豆』を作っているのだ。
タカノフーズ1

簡単に言うと、納豆は大豆と納豆菌があればできるようだ。
大豆を水に長時間浸け大量の水を吸わせる。
それを煮る。
煮た大豆に納豆菌をかけ、容器に入れて、発酵させれば出来上がり!

簡単な手順なので、本社工場といってもそんなに大きくはなく、
梱包する機械が中心って感じだね。

そこには工場の他に『納豆博物館』があり、納豆の歴史が学べるようになっている。
タカノフーズ2

これとは別に、水戸市内にある天狗納豆にも行ってきた。
天狗納豆は昔ながらの藁に大豆を包んで作る納豆。
職人の技で上手に手作業で作っている。

ん~、何だか夏休みの自由研究みたいになってきた(^_^;)
小学生か!


夜の街も研究しなければ!(笑)

引っ越し④手続き完了

水戸に来て1週間が経った。
そのうち、肝臓の休みは1日だけ!
他はずーーーっと飲んでいた。
茨城の人は良い人ばかりだっぺ!!!

・・・っと、
飲んだくれているように思えるけど、そこは通勤時間5分、、、
2日に1度のランニングは欠かしていない。
電車に揺られている時間がなくなり、その空いた時間に走れる素晴らしい環境なのです!
痴漢冤罪のリスクもなくなったしね(笑)


そう言えば、引っ越し作業もあと僅かで終焉をむかえる。
「モノ」は引っ越し業者によって運ばれてきた。
あとは手続き関係を終わらすのみである。

これが面倒臭い!!!

意外とマメな性格なのでリストを作って1個1個つぶしているけど、
仕事にならないくらい面倒な作業だ(-_-メ)
金融機関は登録した印鑑がないとできない場合があるので気を付けないとならんし。。。
郵便の転送だけすればいいようにしてくれればいいのに。
変に自由化するからメール便とかが転送されなくなっちまうんだ。

いろいろ苦労したけど、残るはネット開通の手続きくらいだ。
フレッツ光を注文したので、サックサックだぜ!
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。