スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余暇を楽しむ時代の終焉

少子化問題、年金問題、年収300万問題・・・・・etc
昨今様々な問題が提唱されているが、
これは問題なのかどうかを議論した方がいいのかも知れない。

というのも、バブル経済に浮かれた1980年代、
何もしなくても会社の業績は伸び、日本経済は活性化していた。
その中で、世間は余暇をいかに楽しく過ごすかしか考えていなかった。
会社は福利厚生を金にモノを言わせてこれでもかと充実させ、
一般ピープルは余った資金を投資活動に費やしていた。

これが異常!!!

この生活水準を未だに守ろうとするから政治も経済もチグハグしているんだ。
倹約が得意だった日本人気質は何処へ・・・。

もう少し前に戻り、子供はお下がりを着て、
大人はお国のために試行錯誤を繰り返す、、、
余暇はたまに楽しめばいいんじゃない?

そんな時代の思考に戻ればいいだけの話。

映画の「ALWAYS」のように結構楽しい時代になるかも。

労働基準監督署が経済活動にとって一番の悪なのかも・・・・。
苦労しない人を救おうとしているとしか思えんね。

辛いから楽しいことがある、楽しいから辛いことも経験できる。
苦を苦と思わずに楽しく生きればいいんだ!


で、老後の資産を今のうちに何とか工面しなくては・・・・
あと100年先だけどね!(笑)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。